HOME | マイクロスコープを使用した精密歯科治療

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)

マイクロスコープの導入

草間歯科医院では、通常の歯科治療においても約3倍拡大のルーペを使用しています。
しかし、肉眼や弱拡大のルーペでは治療に限界があります。
そこで、ドイツ・カールツァイス社の歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を導入し、診療に活用しております。マイクロスコープでは、最大20倍まで拡大することができます。
主に肉眼では確認することが不可能な歯内療法(根管治療)やセラミックなど審美治療における細部の仕上げ・確認に用いています。

マイクロスコープの写真

マイクロスコープを使用した精密歯科治療

歯内療法(根管治療)

むし歯が進行して歯の神経まで侵されてしまった場合、以前であれば抜歯するしかありませんでした。
根管治療は、歯の根っこにまで達した細菌を取り除く治療です。
しかし、歯の根っこの中は、術者でも直接見ることができず、形も人それぞれ異なるため、肉眼では困難な治療です。
歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用することで、根管治療の精度も上がり、これまでは抜歯の適応とされてきた歯牙に対しても保存が可能になる症例が確実に増えつつあります

歯の断面図

詰め物の隙間修復

肉眼でセラミックなどの詰め物の治療を行った際、見えない隙間ができることがあります。
その細かい隙間から、むし歯菌が入り込み、再発する場合があります。

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用することで、歯と詰め物の隙間まで拡大して見ることができるため、より精密な治療を行うことが出来るようになります

 
西新宿歯科クリニックトップページ西新宿歯科クリニックトップページ
 
PDFファイルをご覧になるには、アドビ社のサイト(上バナー)から「Adobe Reader」をダウンロード(無料)してください。